Intimate Merger × Google Analytics = 顧客属性別ダッシュボード

Intimate MergerとGoogle Analyticsを連携することでできること

概要

Intimate Mergerが保有するデータアクティベーションプラットフォームの仕組みを活用することでGoogle Analyticsを顧客属性別にサイト内のどこで脱落しているかということを把握することができます。これによって以下のような施策を把握できるようになります。

  1. 広告流入経路別にどのような属性の顧客がきているか
  2. 顧客属性別にコンバージョンに至る過程でどこがボトルネックになっているか
  3. 平均滞在時間や来サイト頻度などを顧客属性別にどうなっているか

デモ

デモサイトにIntimate Mergerのタグを設置したことで以下のようなデータGoogle Analyticsで見ることができるようになります。

ページビューや滞在時間など一般的な指標以外にもコンバージョンフローなどもオーディエンスの属性に応じて分析することができるようになります。

 

具体的な導入プロセスについて

以下のプロセスによって導入をすることができます。

  1. Nebula用のタグをサイトに設置する(1〜2営業日)
  2. 顧客属性連携済みGoogle Analyticsのアカウントが共有される(1〜2営業日)
  3. セグメントギャラリーより分析に利用したいセグメントを連携する

※セグメントの情報は類推情報を元に行っているため精度が100%である保証はございません。

※連携できるセグメントにつきましては随時追加予定になっております。

1.Nebula用のタグをサイトに設置する

Intimate Mergerのスタッフが発行した以下のタグを</body>の前に設置する

<script type="text/javascript"> (function(w,d,s,c){ w["_itm_cid_"] = c; var f=d.getElementsByTagName(s)[0],j=d.createElement(s); j.async=true;j.src = '//dmp.im-apps.net/itm5/js/itm.js'; f.parentNode.insertBefore(j, f); })(window,document,'script',{アカウントID}); </script>

 

顧客属性連携済みGoogle Analyticsのアカウントが共有される

顧客属性を使った分析が可能なGAのアカウントを共有。

※既にお使いのGoogle Analyticsを連携を行う際は別途お問い合わせください。

 

セグメントギャラリーより分析に利用したいセグメントを連携する

開設されたアカウントからはセグメントギャラリーより分析対象のセグメントを簡単に取り込むことができて顧客属性データによりカスタマイズをした顧客ダッシュボードを作成することができます。