Intimate Merger × Facebook Ads = 3rd partyデータを利用したFacebook Ads

Intimate MergerとFacebook Adsを連携することでできること

概要

Intimate Mergerが保有するデータアクティベーションプラットフォームの仕組みを活用することでFacebook Adsをつかったターゲティングをすることができるようになります。これによって以下のことが実現できるようになります。

Facebookの知人にきいたらこの使い方は問題ないらしいので載せます。

  1. Facebookにない属性データを用いたターゲティング
  2. 提携先メディアのデータを用いたターゲティング
  3. RFMのようなCRMデータを用いたターゲティング

デモ

Facebookのデモアカウントで作成したTOYOTAを保有しているオーディエンス(類推)を用いたFacebook Adsを配信する際は以下のように配信を行います。

実際に配信を行うと以下のようにレポートが表示されます。

※弊社サイトとTOYOTAの保有者と相性が言い訳ではないので言い値は1しかつきませんでした。

 

具体的な導入プロセスについて

以下のプロセスによって導入をすることができます。

  1. Nebula用のタグをサイトに設置(1〜2営業日)
  2. 連携用のセグメントを作成(たまるまで半月程度)
  3. 連携するセグメントを登録するためのカスタムピクセルダグを発行

※カスタムピクセルタグによる連携を行っているためセグメントが100%連携される保証はありません

※カスタムピクセルの仕様上(2014年6月2日現在)1セグメントのデータしか連携できません。

1.Nebula用のタグをサイトに設置する

Intimate Mergerのスタッフが発行した以下のタグを</body>の前に設置する

<script type="text/javascript"> (function(w,d,s,c){ w["_itm_cid_"] = c; var f=d.getElementsByTagName(s)[0],j=d.createElement(s); j.async=true;j.src = '//dmp.im-apps.net/itm5/js/itm.js'; f.parentNode.insertBefore(j, f); })(window,document,'script',{アカウントID}); </script>

 

連携用のセグメントを作成する(たまるまで半月程度)

各種DMPで作成したセグメントまたは各種3rd partyデータを指定してください。

※表示しているデータは連携できるデータの一部です

※利用可能なデータに関してはお問い合わせください。

 

 連携するセグメントを登録するためのカスタムピクセルダグを発行する

セグメントを連携するためのカスタムピクセルを発行し、Intimate Mergerの担当者へ

ピクセルIDをお知らせください(該当の赤枠のID)。