Intimate Merger × Doubleclick for Publisher = 顧客属性別カスタムアドサーバー(グリーではプラットフォームルックアップといいました)

Intimate MergerとDFPを連携することでできること

概要

Intimate Mergerが保有するデータアクティベーションプラットフォームの仕組みを活用することでDoubleclick for Publisher (DFP)を顧客属性別カスタムアドサーバーにします。グリーのTopページなどでは元々プラットフォームルックアップといわれる仕組みで運用されており、ゲームの広告を出すときにユーザーのゲームインストール状況によって出す広告をかえるということをやっていました。この仕組みを使うことで以下のようなことができるようになります。

  1. 新規顧客に対しては新規顧客向けの文言を出すことができる(例えば、ゲームだったら「今、インストールするとXXゴールドプレゼント」など)
  2. 既存顧客に対しては過去の購買履歴を参考にしてイベント情報を提供することができる(例えば、ゲームだったらインストール済みのゲームのイベントの告知を出すなど)
  3. 休眠顧客に対してはサイトに来たときに継続率があがるような情報を提供して低略してもらう(例えば、ゲームだったら課金をさせるためにゲーム内通貨をプレゼントするなど)

デモ

 

上記のバナー広告はIntimate Mergerのコーポレートサイトに訪れたことがあるかどうかで内容がかわるようになっています。Intimate Mergerのサイトの訪れたことがない場合はIntimate Mergerの広告が掲載されるようになっています。

今回はリターゲティングのデータを用いていますが、Intimate Mergerで持っている属性情報であればいかなる顧客属性でもバナーを出すことができます。

導入プロセス

以下のプロセスによって導入をすることができます。

  1. Intimate MergerのタグとDFPのタグをサイトに設置(1〜2営業日)
  2. DFPで広告配信の準備を行い、カスタム条件によるバナーの出し分け条件の設定を行う(2営業日)
  3. スロット別に表示したい広告を設定し、広告の配信を行う。

※非同期で処理を行っているため、バナーの切り替えがおくれることがあります。

Intimate MergerのタグとDFPのタグをサイトに設置

Intimate Mergerのスタッフが発行した以下のタグを</body>の前に設置する

<script type="text/javascript"> (function(w,d,s,c){ w["_itm_cid_"] = c; var f=d.getElementsByTagName(s)[0],j=d.createElement(s); j.async=true;j.src = '//dmp.im-apps.net/itm5/js/itm.js'; f.parentNode.insertBefore(j, f); })(window,document,'script',{アカウントID}); </script>

同時にDFPのタグを共通部分の<head>内に記載する。

DFP側でバナーの出し分け条件をカスタム条件を使って設定する。

DFPで在庫⇒カスタムターゲティングでターゲティングキーを設定する。ターゲティングキーと値はわかりやすい物を設定してください。

オーダー情報からオーダーの編集を行い、対象の顧客に対して配信を行いたいバナーを選択し、カスタム条件から先ほど設定したカスタム条件を選択します。

スロット別に表示したい広告を設定し、広告の配信を行う。 

Intimate Mergerのタグでそれぞれの出し分けの設定を行うため、それぞれの出し分け条件とスロットIDを指定して広告の出し分けを行えるように依頼する。

※この際、お客様側で広告の出し分け設定を行いたい際は指定したGTMやYTMでオペレーションが行える環境も提供可能です。